ARTISTICRUEL

ARTISTICRUEL TOP  >  スポンサー広告 >  空をつかんで眺むうた >  死街地

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死街地

深夜2時過ぎ

住宅密集地を

自転車でとばす

朔太郎の「猫町」みたいに

知ってる町も知らない町だ


酒も飲んでいないのに

おかしな平衡感覚で

曲がりくねって突き当たり

まっすぐの道はほとんどなくて

高速道路を目印に

闇夜を駆ける


人がみな

死んでしまったような静けさに

高速中央環状線の

トラックたちの狂想曲


それはほとんどあの世に似ていた
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

旋歩

Author:旋歩
こんにちは、あるいは、こんばんは。
旋歩(せんぽ)といいます。
明治・大正文学を中心に
貪るように本を読んでいます。
読めば読むほど自分から
ことばが奪われてゆくのですが
仕方のないことなのでしょう。
それでも残ったものが、ここにあります。

画と詩の狂想曲

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。