ARTISTICRUEL

ARTISTICRUEL TOP  >  スポンサー広告 >  空をつかんで眺むうた >  生存

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生存

野に生う花が

凛と咲くには

根っこが水汲み

葉は日を浴びる


屋に棲む人が

詩を紡ぐには

静かな夜風に

ただ身を浸す


とおくとおくに

耳澄ませては

そばへそばへと

心を招く


大地どよめく声がして

遥かつらぬく光の道の

終着点は

どこにも見えぬ


嗚呼、本当は

道など無いのだ

後にも先にも

いま、ここ、に、ある
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

旋歩

Author:旋歩
こんにちは、あるいは、こんばんは。
旋歩(せんぽ)といいます。
明治・大正文学を中心に
貪るように本を読んでいます。
読めば読むほど自分から
ことばが奪われてゆくのですが
仕方のないことなのでしょう。
それでも残ったものが、ここにあります。

画と詩の狂想曲

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。