ARTISTICRUEL

ARTISTICRUEL TOP  >  スポンサー広告 >  空をつかんで眺むうた >  玉手箱

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉手箱

遠くで聞こえる

どこかで待ってる

記憶の襞に

包まれながら


つながっている

怖くはないさ

夢をみているだけだから

さよならなんて


なんにも言葉は

見つからないな

もっと言いたいこと

いろいろあったのだろうけど


きっと忘れてしまうのは

仕方のないことなんだろな

そうだとしたら

しまっておこう


いつかの響きが

聞こえるように

どこかで待ってて

くれるよに
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

旋歩

Author:旋歩
こんにちは、あるいは、こんばんは。
旋歩(せんぽ)といいます。
明治・大正文学を中心に
貪るように本を読んでいます。
読めば読むほど自分から
ことばが奪われてゆくのですが
仕方のないことなのでしょう。
それでも残ったものが、ここにあります。

画と詩の狂想曲

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。