FC2ブログ

ARTISTICRUEL

ARTISTICRUEL TOP  >  スポンサー広告 >  空をつかんで眺むうた >  地球に命を据える夜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球に命を据える夜

しんしんと

静けさ沁みる

寝ぼけ眼の

深夜の起床


今、何処にいて

自分は、誰なのか

そんな疑問が浮かんできては

音のしない夜の底に弾け散った


脈絡なんて妄想だった

進化論的偏見

ぼくらはどこに進むというのか

抽象化された世界の果てに


生きてることの最後の意味は

快楽なのか

そうだとすれば

地球はほとんど不幸の塊


古人の苦悩を自らが今

背負ってみるだけ無駄だとしても

命の重みは変わらない

重くも軽くもないものなので
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


プロフィール

旋歩

Author:旋歩
こんにちは、あるいは、こんばんは。
旋歩(せんぽ)といいます。
明治・大正文学を中心に
貪るように本を読んでいます。
読めば読むほど自分から
ことばが奪われてゆくのですが
仕方のないことなのでしょう。
それでも残ったものが、ここにあります。

画と詩の狂想曲

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。