FC2ブログ

ARTISTICRUEL

ARTISTICRUEL TOP  >  2014年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひしゃげた希望

僕の手元には

腐ったリンゴと

折れた鉛筆

かろうじて

煮えたぎる血汐


盛り付ける器は

穴のあいた

肺と鼻腔

出てゆくものは

出てってしまえ


恥を知る

耳も持たずに

残ったものは

心だけ


あわあわと

溺れるものに

嘲笑を浴びせ

そうこうするうち

自分の舟も
スポンサーサイト

生存

野に生う花が

凛と咲くには

根っこが水汲み

葉は日を浴びる


屋に棲む人が

詩を紡ぐには

静かな夜風に

ただ身を浸す


とおくとおくに

耳澄ませては

そばへそばへと

心を招く


大地どよめく声がして

遥かつらぬく光の道の

終着点は

どこにも見えぬ


嗚呼、本当は

道など無いのだ

後にも先にも

いま、ここ、に、ある

ノスタルジア

嗚呼、何故

今宵の静けさは

こうも身に沁み

わたるだろうか


三日が明けての

その次の日の

忘却される

在りし日の果て


やさしいうたを待っていた

突き刺さり

突き抜けるよな

やさしいうたを


交信が途絶えた

無線の奥に

さがしていた

なつかしい、あの

プロフィール

旋歩

Author:旋歩
こんにちは、あるいは、こんばんは。
旋歩(せんぽ)といいます。
明治・大正文学を中心に
貪るように本を読んでいます。
読めば読むほど自分から
ことばが奪われてゆくのですが
仕方のないことなのでしょう。
それでも残ったものが、ここにあります。

画と詩の狂想曲

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。